FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ああ・・時間が足りないわ・・もっと話がしたいのに。」

私は自分で講師を務めることが多いのですが、
士業という仕事柄(行政書士・社労士・FP事務所を経営しています。)
自分の勉強のために、受講者としていろいろなセミナーや勉強会に足を運びます。

そしてついこの間も、久しぶりにFP関連の勉強会に参加しました。

今日の講師は、生命保険会社のトップセールスマン。
パワーポイントを使い、内容に関して細かく丁寧に講義を進めていきます。

生命保険の世界は専門外の私にとって
かみくだいたような説明は、とてもわかりやすくて助かりました。

しかし・・・ここでハプニングが・・・。

その丁寧すぎる説明が災いし、
2時間の研修時間が、前半のみで終了してしまったのです。

今回のケースだと、
専門用語の解説のみで時間を使ってしまい、
後半に控えていた
肝心の講義のヤマ場までだどりつきませんでした。

講師は、講義途中で時間が足りないことに気がついて
なんとか話をまとめようとがんばっていましたが、

「タイム・オーバー」

とともに、会場主からの催促で
受講者もろとも、退去させられてしまいました。

憶測ですが、この講師
講義時間の配分をほとんど考えていなかったものと思われます。

自分が与えられた持ち時間の中で
どのように講義を進めていくのか・・・
あらかじめ構成を作っておく必要があります。

「起・承・転・結」。

例えば、1話完結のドラマのストーリーをイメージすればわかりやすいでしょう。

この4つがピッタリと収まる構成をとらないと、
講義終了後、講師、聴講者双方が不完全燃焼で終わってしまいます。

それは感覚的にいうと、
「なにかモヤモヤしてる、物足らない状態」ですね。

さて、先程のFP研修会の話に戻りますが、
講師は、話が途中で終了してしまったことに対して
とても悔しそうでした。

「私が本当に話したいことは、後半だったのに・・・」

その気持ち、よくわかります。

私も講義中に、時間が押してしまい
「アレッ・・どうしようかな・・時間が足りないかも・・エイッ!ままよ!!」
なんて具合に、途中で話す項目をカットしたりすることがあります。

講演回数が増えていくと
そんなワザもできたりするのですが、
本当はあまりオススメしません。

私自身も、気をつけたいと思います。



講師花子の所属事務所はコチラです。
行政書士・社労士・FP事務所 きむらオフィス
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
FC2 Blog Ranking・・クリックお願いします。励みになります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・













スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

講師花子

Author:講師花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。