スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「また、次回も講師お願いします。」

前回、

講師稼業は最大、かつ最強の営業ツールである。」

と書きました。

営業ツール」というのは、簡単にいうと
「それを使うことにより、仕事が増える・更には収入が増えること」
を指します。

では、具体的にはどういうことなのか、
今回から数回に分けて、事例でお話ししてみたいと思います。

例えば、あなたが今回初めて、A社で社内研修の講師をしたとします。

終了後、研修を企画、運営していた人事部が、
受講した社員から研修内容等についてのアンケートを取ったところ
(主催者側は、セミナーや研修の終了時に、受講者にアンケート記入を依頼する場合がほとんどです。)
その返答はとても好評でした。

この結果に気をよくした人事部は、

「ああ・・研修が成功してホッとした。こうなったら来年もぜひ、あの先生に講師をお願いしよう。」

こうして来年の研修講師として、あなたの仕事は1つ増えたのです。

全部というわけではありませんが、
毎年定期的な内容で社内研修を行う場合、
(例えば、新入社員研修など)
評判が良ければ、次回以降もほとんど同じ講師が担当します。

研修を企画する側にしてみれば、
研修の成功が会社の「至上命令」。
このプレッシャーは、まわりが考えているよりも
すごく大きいのです。

だから、この場合、せっかく成功しているものを
「次回は失敗するかも」のリスクを冒してまで、
わざわざ未知数の講師を探してくる理由はありません。

そう考えると、あなたは来年だけではなく、
2年後、3年後もその先も、A社の研修講師をしている可能性があります。

講師稼業として、毎年定期的なスケジュールがあるのは、
たいへんありがたいことです。
(もちろん、その収入もありがたいです。)

A社の場合は、1年に1回の設定でしたが、
実際は、年に数回社内研修を行っている会社もたくさんあります。
それを全部担当するのは無理にしても、
2回でも3回でも受け持つことができれば
ますます定期的スケジュールが増えることになります。
(私の場合は、最大で同一年度内4回というのがありました。)

講師稼業で件数をあげるには、

「依頼先からのリピートを増やすこと。」

秘訣は、ここにありそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
FC2 Blog Ranking・・クリックお願いします。励みになります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

講師花子

Author:講師花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。